シニア世代が郊外でコンパクトな平屋一戸建てに移住するワケ

シニア世代が郊外でコンパクトな平屋一戸建てに移住するワケ 60歳を超えているようなシニア世代の方のケースでは、現役世代の時には都市部のマンションなどに居住されていた方も多いものです。
通勤に便利な場所に住む方法で、毎日の生活を楽にすることができますが、シニア世代に入った方で、定年退職を迎えた方のケースでは、郊外の一戸建て住宅、更に平屋住宅に好んで移住される方も増えていることが実情です。
このことに関しては、閑静な住宅街や、静かな郊外に住むことで、騒がしい日々とはかけ離れたゆっくりとした生活を送ることができ、老後を静かに生活することを望む方が多いことを挙げられます。
平屋の一戸建て住宅であれば、近隣の騒音問題なども感じることなく生活を送ることもでき、足腰が弱ってきた場合でも、平屋住宅であれば室内の移動に便利なこともメリットとして挙げることができます。
敷地に駐車場を設けていることで、お子さんや孫などが遊びに来やすい環境になることも移住を行う方の大きなメリットになっていることが多い傾向にあります。

老後の理想の住まい

老後の理想の住まい 最近の建売住宅の中でも3階建て住宅は、土地の面積を最小限に抑え、建物を上へと伸ばす形で設計が行われているため、一戸建てと言うマイホームをより購入し易くしているなどの魅力が在ります。
2階建ての一戸建て住宅の場合では、ある程度土地が必要になり、その分、土地価格が販売価格に上乗せされるので、購入する金額に届かないと言うケースが在りますが、3階建て住宅の場合は土地面積が狭くても建築する事が出来るため、金額的には安くなると言うメリットが在ります。
しかしながら、年齢を重ねる事で階段の昇り降りと言う事が大変になる事も在ります。
そのため老後の一戸建て住宅を考えた場合、階数が多くなる事で生活する空間も1階のみになってしまうなど、老後の生活に支障を来たしてしまう事も在ります。
その点、平屋と言うのは階段昇り降りが無いため、生活空間を常に同じ状態にすることが出来ると言うメリットが在る事からも注目を集めているのです。

新着情報

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>一戸建ては自分の力で防犯を行う必要がある
>東京都心の一戸建てを高値で売却する2つのコツ
>一戸建てを建設するときは東南の角度を意識しよう
>一戸建て住宅での生活をいつまでも安心安全にするいくつかの方法
>快適生活を満喫できる一戸建て住宅は複数の要素があるので全てを満たすこと

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>若い人に最近人気の一戸建ての家と間取りとは?
>土地を購入してそこに一戸建ての家を建てる人が沢山いる
>一戸建て住宅は平屋が良いのか気になるところ
>意外と盲点?一戸建ての狭小住宅を建てるメリットを紹介
>効率的に一戸建て住宅を購入するためのポイントとは

◎2017/10/17

一戸建てのメリット
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

購入の平均年齢
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

購入金額の違い
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

一戸建てを購入するときの注意点
の情報を更新しました。

「一戸建て 老後」
に関連するツイート
Twitter

返信先:今の生活はわかるけど、10年後20年後はわからないですからね。 一戸建てなら老後まで考えるとこんなことに気をつけたいですね。 ・2世帯住宅は建てない ・1階だけで夫婦二人の生活が可能。 ・2世帯住宅は建てない ・子ども部屋を広く取りすぎない。 ・2世帯住宅は建てない ・リモート部屋は2階に

返信先:単純に、賃貸と同じか少し安いくらいの返済額で賃貸よりだいぶ広い一戸建て買えたっていうのと、あとは老後年金ぐらしになったときに賃貸だと家賃がかかるのがきついなってのもある😅

返信先:おおお…うちの近所だと賃貸なら家賃4万円くらいがベースなので、もしかすると住む地域にもよるかもしれません。 耐用年数を考えると、老後にお金なくなりそうな私は「いざとなったら土地に掘っ建て小屋を建てられるであろう一戸建て」以外の選択肢がなかったです😂

うちの両親は実家(不便な所にある一戸建て)を売って超駅近小さめ賃貸マンションに引っ越したんだけど私も娘も絶対そうしてよかったよねって言ってる。徒歩圏内でなんでも揃うし大量に断捨離したのもいい事だと思う。 私もそうやって身軽に老後も過ごしたいなー🤔

老後はマンションが無難だろうとと考えていたんだけど、還暦以降の身体が動く間は地方の一戸建てに住んでみたい気がしてきた。