平屋の一戸建ての建築費

平屋の一戸建ての建築費 近年、将来のバリアフリー化を見据えていたり、地震や火災などの大きな災害に巻き込まれてもすぐ避難できるようにしたい目的で、新築する一戸建てを平屋にすることを選択する人が増えています。
一般的な2階建ての一戸建て住宅と比較すると階数が少ないため、建築費もそのぶん安くできるのではと考える人は少なくありませんが、そのように単純にはいかないのが現状です。
例えば、部屋の数や1部屋あたりの広さを2階建ての住宅とまったく同じようにしたい場合、平屋一戸建ての住宅では基礎部分と屋根部分の面積を2階建て住宅の2倍前後にしなければなりません。
屋根と基礎は住宅の建築費の多くを占める部分であり、広くなればなるほど多額の費用を必要とするため、ケースによっては平屋の方が2階建て住宅より費用が高くつく可能性があります。
もちろん、平屋の一戸建てにすれば、階段や上層階のホールスペースなど、他の住宅には必要となる部分が不要となるため、その分建築費は抑えられるという考え方もできます。
しかし、屋根や基礎部分へのお金のかけ方に注意しないと、自分自身で想定した範囲内に建設費用を抑えることができない場合があります。

地震にも強い平屋の一戸建て

地震にも強い平屋の一戸建て 平屋の一戸建ては、建物自体の重量が軽量であり、二階部分がないので構造的に一階部分にかかる重さの心配がいりません。
なので地震が起きた時にも負担が少なくてすみます。
さらに二階部分の高さがないので揺れの影響を最小限しかうけないので地震に強い一戸建てといえるでしょう。
またもしも倒壊してしまうような被害を受けたとしても、二階部分がないために助かる可能性が高いといえます。
デザイン的にも窓を大きくとることができるので避難がしやすい構造だともいえます。
正し災害でも洪水のような水害の場合には、二階などへの逃げ場がないというデメリットも考えられます。
平屋の一戸建ては、災害だけでなく体が不自由になってしまっても暮らしやすいというメリットがあります。
床をすべてフラットにしてしまえば家中に段差をなくすこともできますから、高齢者や子供にとっても過ごしやすい家といえるでしょう。
その他にも平屋一戸建てはメンテナンスがしやすいなどのメリットがあります。

新着情報

◎2023/7/4

情報を更新しました。
>一戸建ては自分の力で防犯を行う必要がある
>東京都心の一戸建てを高値で売却する2つのコツ
>一戸建てを建設するときは東南の角度を意識しよう
>一戸建て住宅での生活をいつまでも安心安全にするいくつかの方法
>快適生活を満喫できる一戸建て住宅は複数の要素があるので全てを満たすこと

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>若い人に最近人気の一戸建ての家と間取りとは?
>土地を購入してそこに一戸建ての家を建てる人が沢山いる
>一戸建て住宅は平屋が良いのか気になるところ
>意外と盲点?一戸建ての狭小住宅を建てるメリットを紹介
>効率的に一戸建て住宅を購入するためのポイントとは

◎2017/10/17

一戸建てのメリット
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

購入の平均年齢
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

購入金額の違い
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

一戸建てを購入するときの注意点
の情報を更新しました。

「一戸建て 金」
に関連するツイート
Twitter

少子化支援金ガッツリ引かれるんだから、3人以上産んだ家庭には一戸建てプレゼントするくらいの支援するんだろうな? こんだけ国民から多額のをふんだっくてみみっちい支援じゃ子供産む世帯なんで増えないよ! それと外国籍世帯には支援するなよ!

もおこなっております。

返信先:郊外の一戸建、子供を2人大学の40代後半の人かな? 70過ぎまで家のローンがあるけど退所で返済する予定。公的年金では足りないので55才で減額された給与で65才まで働いて以降バイトで働くって感じでしょうか? 不労所得目指すけど泣け無しの資金を株で損しそう😅

家づくりで「2つ」あった方が良いもの! ✅トイレ 一戸建ての特権。掃除大変だけど混み合う朝のセカンドトイレは神。 ✅紙巻き(トイレ) 1連紙巻器はオシャレだけどペーパー取替えが面倒。紙巻器は2連。 ✅収入の柱(選択肢) 人生の不安の9割はの不安。副業/転職の選択肢/共働きでリスクヘッジを。

一戸建ての価値は常に右肩上がりだから貧富の差がどんどん開いている。治安と教育に至っては全部で買うシステムだから子供の世代なんて最初からとんでもない差がある。彼らが成人する頃にはもっと大変なことになっていると思う。